« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月に作成された記事

2008年10月28日 (火)

1年間の通信簿

1年間をふり返って通信簿をつけてもらった。

Photo_4

【学習面】

チェアスティができる…◎ ベンチチェアでもできるようになりましたhappy01

トリーツを食べることができる…○ でも初めて口にする物は、モネに毒味をさせてから。

いつでもハウスができる…◎ ハウスは大好きhappy01

クワィエットタイムができる…○ ぼくはいいけど、重たくて母さんが20分持たないhappy02

トイレの合図に従う事ができる…◎ よくできるようになりました。母は助かってます。

名前を呼ばれたらすぐ返事をする…○ houseの中ではバッチリだけど、外に行くとダメbearing  

【生活面】

母さんをボスと認める…○ ストーカーはしなくなりました。もちろん番兵も。でも、外では時々母さんの反応を試すために、逃亡します。公園では、もう少しで置いてきぼりになる処でした。

最後までやり遂げることができる…× 好きなことは、がんばるけど、嫌なことをさせようとするとすぐ、態度と顔に出ますbearing そしてフリーズsign01

Photo_8

【学習面】

チェアスティができる…◎ もうばっちり

いつでもハウスができる…○ 母さんが出勤する時と車の中ではできるけど、ウインカーは嫌いです。

クワィエットタイムができる…○ 抱っこは大すきheart04 だけど、下りるときは、ピチピチします。      

トイレの合図に従う事ができる…× ぼく教えてもらってない。シーツがあれば、どこでもバッチリ。

名前を呼ばれたらすぐ返事をする…◎ 呼ばれる前から待っている。  

【生活面】

母さんをボスと認める…× 兄ちゃんよりも母さんよりもえらいのは、ぼく。 

最後までやり遂げることができる…△ トリーツcakeがあればなんでもござれsign01

《先生から一言》

ジョンもモネもがんばりました(o^-^o)

2008年10月26日 (日)

母さんの反省

朝から母さんは最後の大会のDVDを見てeyeたんだ。2008_10260237_2

どうしてぼくが、投げたディスクを追いかけなかったかって。

監督に言われた言葉は、言葉として自分でふり返ったんだって。

母さんの出した結論は上手く投げる事sign03

だってね、ディスタンスの時は張り切ってとりに行けるんだぼく。

大会のダブルスでも、先生がわざと遠くまで投げてくれたディスクだってキャッチできたんだもの。

だから、フリーの時に行けないのは、タイミングと、デイスクの飛び方だと母さんは考えたんだ。

母さん、小さいときからキャッチボールbaseballが下手くそだった。

上から投げられなかったもの、右手右足が一緒に出るみたいな(笑)ひどいよね。

投げるのが下手くそなのは、今に始まったことではなくて昔からだもの時間はかかるよ。

ぼくのためにがんばって、投げ練してbaseball

そんなぼくだけど、大会の時にルークママにほめられたんだ。

「ジョン君、本当にディスクするのが楽しい<って顔してる。見ててよくわかるわ。」 って。

フフフぼくの笑顔、す・て・きなんだ。

hinatanに撮ってもらったとっておきの写真も載せちゃお。

Photo_2

フ~。やっと、びちびちウ○チが治まって、今朝からご飯riceballもらえた

飢え死にするかと思ったよ。でもね、兄ちゃんにちょっと悪いことしちゃったthink

母さん、掃除する時に兄ちゃんとぼくを兄ちゃんのバリケンにハウスさせたんだ。

そしたら、ぼく我慢できなくて兄ちゃんのハウスで、ウ○チをしちゃった。

何度も鳴いて「出して。」って言ったんだ。

でも、母さん聞こえないふりして出してくれなかった。

兄ちゃんは、自分のハウスが汚れるのが絶対嫌だからって、どんなにお腹をこわしても我慢して汚さなかったんだ。

なのに、ぼくが汚しちゃった。ごめんね、兄ちゃん

悪いのは、絶対母さんだヽ( )`ε´( )ノ

2008年10月25日 (土)

うっっっ、どうしよう。

今日は、楽しみにしている部活soccerだったのに。行けなかった。   Dsc00232_3  

朝から、獣医先生に呼ばれて病院hospitalへ行くことになったから。

それは、木曜日に始まった…。

仕事から帰ってきた母さんが見たものは、ケージの中でウ○チまみれになったぼくの姿だった。

ケージから出してもらったぼくの匂いをジョン兄ちゃんもわざわざ嗅ぎに来てたから、よっぽど臭かったんだと思う。

母さんは、ぼくをすぐお風呂場spaに連れて行ったんだ。シャンプーだと思ったけど、ちがった。

まずは、兄ちゃんのトイレと腹ごしらえ。そして、自分の腹ごしらえ。

その間中、ぼくは風呂場spaにほったらかしだった。ひどいよね。臭いぼくをほっとくんだ。

やっときれいにしてもらえたけど、治まらなかったんだぼくのやわらかウ○チ。 

そのうち、水みたいになってくるし。

そして、金曜日の朝、ぼくは血が混ざった嘔吐物を吐いて、即hospital行き。

先生は、何か食べたんだろうっていうんだけど、母さんには思い当たる物がなかった。

ぼくが話せればいいんだけど、さすがのぼくも口はきけないからね。

で、薬をもらって帰ってきけど、土曜日また、嘔吐。しかも緑色で、即またhospital病院行き。

モネのせいで今日は部活に行けなかったんだ。週1回のお楽しみなのに。

ぼくは、土曜日はわかるんだ。朝、目が覚めた時からウキウキ。

『部活notes 部活notes 知ってる 知ってる 今日は土曜日~shine』みたいな乗りで。

なのに食い意地の張ったモネのせいで行けなくなった。

せめてhospitalだけでも一緒に行きたいと思って、鳴いてお願いしたら

「ハウスannoy

って一喝された。納得いかない(`ε´)Photo_2

  Mone_2                            

「おしりがい、た、crying「つまみ食いは止めなよsmile

みなさ~ん Photo_6よいゆめよheart02

2008年10月21日 (火)

ただ今 会員募集中!

  大会の時だけできるチーム・イエロー

Photo

Photo                                

打倒sign01白黒ボーダー軍団

何でもできる白黒軍団に対抗して、何をやっても許される黄色軍団を結成。

現会員:そら・ジョン

        以上2dog

 ただいま 会員募集中!

shoe土曜日の部活shoe

この日のジョン兄ちゃんは、一度も跳ばずに退場になったhappy02

Photo_2

 がうがう ひなたちゃん

      超速いbullettrain

   

No1_2

パワフルpunchまりもちゃん

   Photo_4

パパ命sign01ロン君

Photo_5

ちょこっと慎重派のベン君

 

  Photo_7

ジャンプ大好きheart01モネ

2008年10月20日 (月)

今年最後の大会だったよ

昨日は、今年最後の大会だった。

何の大会かというとディスクの大会。

部活の監督の

「大会に出てみると励みになりますよ。」

の一言に、母さんは張り切って出始めたんだ。今年で3シーズン目だったかな?

Photo_5

天気予報はsunだったのにmistだったよ。

ヘンな虫がいて、刺されるし.

ぼくは、ディスクを好きだけど最後までできなくていつも、途中でやる気がなくなる。

だから今の母さんの目標は、

“ぼくと90秒を集中してやりきる”

今大会も、リングとオーバーのキャッチができなくてその練習を最後頑張ったんだ。

Photo_6

(こんな風に飛び越えるの。これは、去年の大会)

で、昨日は、出だしのオーバーは、キャッチできたんだ。

母さんは、“やった”と思ったけど、ぼくは“やっちまった”っていう感じだったんだ。

母さんの勢いに乗って跳んでしまったと思った瞬間、あまのじゃくなぼくの心がムズムズと動き出した。

そしたら、もうデイスクを追えなくなって、足が止まった。

リングは、完璧だったよ。今週、何回も練習したからね。

ぼくがその気になればできるんだ。監督にだってほめられたんだ。

でも、遠くに飛んだデイスクを追う気にはならなかった。

結局、やっぱり90秒を完全にやり切れなかった┐(´д`)┌

兄ちゃん、根性無しだ。90秒なんてすぐなのに。

ぼくは、2回目の大会だったけど、ちゃんと60秒をやり切ったよ。

あんなの簡単さ。なのに、母さんリングやスタンドを入れるのを忘れるしpout

ヘン、モネだってデイスタンスやらなかったくせに。

母さん、練習の時、立ったり座ったりいろいろ試して

“できた、やればキャッチもできるんでしょ”

って喜んでたのに、やらなかったんだ。

結果は、ご想像にお任せするとして、大会が終わった後、監督に一言

「ジョンとモネが、そろいもそろって最後までやらないのは、そのように育てているからで  

す。飼い主さんが、接する態度を考え、やるべき事をさせる姿勢を作っていかないとでき

ません。」

って言われたんだ。

母さんは、MIXのぼくでは、ダメなのかなあとちょっと落ち込んでたんだけど、(子育てに)

この言葉があるのを思い出した。

『10年かかって作られた性格は、10年かけないと直せない。』って。

ああ、来シーズンは、母さんの期待に応えられるかな…。

2008年10月16日 (木)

りんちゃん、かわいい

おでかけnote おでかけnote ぼくたちもnotes

月曜日に続いて、またおでかけしたんだ rvcar

Dsc00216_2

ファファちゃんのhouse 

マメちゃんもいてぼくたちのお気に入りのhouse

ところが玄関を入ってびっくり。小さいリンちゃんもいたんだよね。

この前会ったときは、パパのおひざの中にちょこんと座ってたのに、もう歩いてる。

あわてたぼくは、リンちゃんにぶつかったんだ。

りんちゃんは、尻もちをついて、母さんはあわてたの。

ぼくも、失敗したと思ったんだ。

Dsc00228でもね、リンちゃんキャッキャッと笑って、立って歩き出したんだ。そしたら、リンちゃんママが

「大丈夫。リンはサンでdogには慣れてるから。」

って。サン君てシュナウザー。

3回目かな会うのは。サン君は、ちょっと緊張気味。

ぼくたちは、母さんに

「見ないふりしなさい。見えないの。」

って言われたから、その通りにしてたんだよね。リンちゃんママにもほめられた。

「スーって、目をそむけるねって。」

ごうほうびに、ピザのはしっこをもらっちゃったhappy01

リンちゃんもえらいんだぁ。

ぼくたちを見て騒いだり、ちょっかいも出さない。

それに、のぞき込んだりもしないから、ぼくたちも落ち着いて過ごせたんだ。

Photo_2

ぼくは、サンがしつこいからdogのルールを教えてやろうと思ったら、スコーンpunchって後ろから母さんに怒られた。

それに、ファファママ、今日はおやつcakeをくれなかったんだ、いつもくれるのに。

だから何回も 

「ちょうだい、ちょうだい。」

って言ったンだ。

そしたら、今度は、ティッシュボックスが飛んできたcoldsweats01

2008年10月14日 (火)

別れへの備えって何だろう

ブログを通じて知った柴犬のたろう君が、昨日死んだんだ(u_u。)

たまたまそのブログを開いたときにのたろう君の笑顔が愛らしくて、なんとなく母さんはいつも見てたんだ。

たろう君の具合が悪くなって、腸の病気で時間がかかるかもってかいてあったのが、7月末だった。

月初めにちょっぴり元気になったたろう君の写真が載って、痩せたけどやっぱりいい笑顔だなと思っていいたら、ガンがわかったという書き込み。

飼い主さんは、心配してくれるみんなに向けてできるだけくわしくたろう君の病状や、診断されたことを気丈に書いていた。

そして、13日。あっという間にたろう君は旅だってしまったshockまだ、6才だったんだ。

そして、母さんは、デージー兄ちゃんとの別れを思い出したらしい。Photo_3

ぼくもデージー兄ちゃんがいなくなった後、しばらくは探したんだ。

何か音がすると階段下に行って、2階を見上げていたりね。

だから、母さんはモネを迎え入れたんだ。

『白い毛の子は、思い出すからいやだ。』って言って白以外のモネをね。

デージー兄ちゃんとの別れは予想もしなかったから、今でも時々デージー兄ちゃんが死んだ時の写真を見て、自分を納得させてる。

いつも死を考えてなんていられないけど、さけては通れないことなんだよね……。

P5200009

P8010019

 

2008年10月13日 (月)

走ったぞ~

今日は、もりぱんださんの新築のhouseに行ってきた。

すごいの、ぼくたちの遊び場がどど~~んとあった( ̄ー ̄)ニヤリ

おうちの中もdogcat仕様になってて、新築なのにぼくたちも素足?で入れてもらえたんだ。

傷がつきづらい床材なんだって。

タンちゃんやポンちゃんは、へっぴり腰で歩いてたけど、僕らは平気だったよ。

楽しくてshineぼくもモネも即席探検隊を作って家中を探検してきた。

モネなんて2階やcatちゃん用の出入り口まで行き来してた。

ぼくもそこから出てみようと思ったけど、体が大きすぎた、残念…。

次は、顔だけでも入れてみるぞ!

外の庭もドッグランみたいに広かったんだ。

とてもきれいな芝生が敷いてあって、気持ち良かった。

母さんは、手入れが大変かも…って心配してたけど。

もりぱんださん、僕らのためにキープしてね。今日は、ありがとう。

テディ君もデイスクを始めないと。一緒にやろうよ。 ね!

P1010015

ポンちゃん、おいで~

P1010012

母さ~ん、なげて~。

P1010013

ここまでおいで~

P1010011

ぼくも入りたいけど…

 ちょっとなぁ

2008年10月12日 (日)

部活

昨日は、部活soccer 朝から楽しみにしてたんだぁ。

そしたら、兄ちゃん、朝からやってしまった。

行く前に母さんが、まず、兄ちゃんをトイレに出して、荷物の用意をするために、家に入ったんだ。そしたら、その間に球根ベコニアの鉢をひっくり返して、花を台無しにしたんだ。

母さん怒ったんだけど、手の届く所においた私も悪かったって、怒るのをそこそこに片づけたンだpouch

全部片づけて、最後にほうきを物置に置きに行ったら、また、その隙に兄ちゃんが植木鉢をひっくり返した。

母さんは、カンカンannoyで、ついに兄ちゃんは、お留守番になった。

そして、 ぼくと二人で、部活に行ったhappy01

母さん独り占めできるから、ラッキーheart02heart02heart02

もう、ハードルなんてバッチりクリア。

ぼくだけ気にかけてくれるからうれしかった。

でも、やっぱり 途中で兄ちゃんを迎えに行ったんだ。

う~~~ん ぼくが見たところ、懲りた顔はしてなかったな…兄ちゃん。

昨日は、おいて行かれたdespair

部活だぁと思って、ちょっとうれしくてはしゃぎすぎたんだ、失敗、失敗。

でも、絶対むかえに来ると思ってたからね。やっぱり、来てくれたし。

午後からのディスクは、がんばったよ。

でも、リングで止まったら、監督に

「甘えているだけなので、避けようとする前に止めて、しっかり飛ばせて下さい。」

と言われた。そしたら、母さん張り切って追いかけてくるし、止まったらすぐ引っ張られて

「リング。」

て言うから、飛ぶようにしたんだ。だから、ほめられたんだぞヽ(´▽`)/

ぼくは、見た。母さん、引きつりながらほめてた…

1011_3

スタートしていい?

1011_4

1,2,1,2慎重に!

10

かっこいい!

ぼくらも飛んでみたい

by モネ&ジョン

2008年10月 8日 (水)

文化にふれるのも…2

今週は、お母さんにとって「美しきものにふれましょう。」週間なんだって。

で、昨日は、帯広三条高校合唱部の壮行演奏会に行ってきた。

すてきな歌声に感激した母さんは、家でまた歌うの。

「はcherryblossomるの~うら~ら~の す~み~だ~川~notenoteって。」

もうね、裏声全開で歌うnoteから僕らも思わず、口元を見つめちゃう。

乗ってくるとビブラートかけるし、遠吠えに聞こえるんだ。全く犬?騒がせな母さんだ。

昨日一番良かったのが、『かあさんの歌』だったって。

前の席に座ってた小学校高学年くらいの女の子が聞き終わったら、ウルウルしてて、その子のお兄ちゃんらしい人が、頭をポンポンって。お母さんも手を握りしめてた。

歌がもちろん素晴らしかったんだけど、その光景がとてもすてきだった。

ぼくは、拾われ子だから本当の母さんって知らないけど、今の母さんに出会えて良かったんだと思う。だってね、

「母さんちのdogになれて良かったね。」

って言ってくれる人がたくさんいるから、そうなんだと思う。

P8110053 

フフフ、大す・きheart02

Pa200018

今は、モネもいるし楽しいよ。

2008年10月 5日 (日)

文化にふれるのも…

今日は、母さんがお茶会に行ったので、ぼくたちは一日中留守番だった

久しぶりのお茶会だったので、お茶、おいしかったって。

お茶菓子の「照り葉」を持って帰ってきたのに、自分ひとりで食べちゃったannoy

食べてみたかったなぁ。

Dsc00182 Dsc00179

でも、おみやげ買ってきてくれたんだ、『はぶらしガム・ミルクの香り』

そうめんが何本も束になってできたようなガム。かじっているぼくを見て

「なんか 不気味。」

だって。

自分で買ってきたのに失礼だよね。小さくほどけて歯のすき間まで届く特殊形状らしい。科学だなw(゚o゚)w

でも、ガムじゃなくてきちんと歯みがきしてくれればいいのに。

ぼく、歯みがき 好きなのに…

  Dsc00202

Dsc00203_3

体はびろびろのびてますbleah

2008年10月 4日 (土)

部活だったけど…

今日は、ぼくたちが楽しみにしている部活の日だった。

でも、今日は母さん仕事だったので、ぼくたちもrvcarで一緒にご出勤notes

やったあああ、と思ったら、お昼までrvcarの中でお留守番bearing

その上、部活に行ったのに母さんたちはバーベキューで部活は無しcrying

Babekyu_3

おいしく食べた母さんたちだけど、ぼくたちは、不幸な1日だった…

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

       Dscf7566_4

Dscf7590

Dscf7585

Dscf7581

 

怪獣・じょんじょん あらわる!

Dvc00030

2008年10月 2日 (木)

学校だよ 2

昨日は、学校だったよ。科目は、体育。ぼくの得意科目のはずだんだけど、rainが降ってきて、急きょ、中身が変更になったんだ。

『ハードルにリーダーウォーク』のはずが、『トンネルにチャレンジ!』になったんだ。ぼくは、せまくて暗いところは、好きなはずなんだけど昨日のトンネルはeyeだった。

Photo 先生お手製のトンネルだったんだけど、ちょっと今にも崩れてきそうで、恐かったんだよね。母さん必死に

「ハウス、ハウス。入って。」

って言うけど、ぼくが知ってるハウスとは、ひと味もふた味もちがうから入るまでに勇気がいったんだ。

最後は、ディスクにつられて入ったけど、カルチャーショックだったな。

その上、床がすのこ状になってるから、嫌なんだよね。しかもその床で、アップもさせられるし。

繊細な?ぼくとしては、恐かったんだ昨日はbearing

兄ちゃんは、何でも恐がるんだ。あんなのパアーと走っちゃえばなんともないもの。ぼくも、はなちゃんも、すぐできた。子犬のごろうちゃんだって、すぐ覚えたのに。

でも、グーフィー君は、ちょっとびびってかな。兄ちゃんと一緒で、やりたいのになんかできない風みたいな。

グー君は、体が大きいからトンネルをさわっちゃうんだ。だから仕方ないけど、いつまでもびびってる兄ちゃんは、情けなかったなぁ。

そうだ、ぼくももっとできないフリをすれば、たくさんトリーツもらえたかも知れないなぁ。残念。

なんかえらそうなモネだけど、昨日は、先生にたっぷり叱られたんだ。

「スティ。」

って言われても、何回も何回もいすから降りてくるからさ。

へへへへ、ざまあみろ。

『いい加減にしなさい。二人とも親の心、子しらずです!』

9

ヘイヘイ ほーれ、ジャンプpunch

926

楽勝、楽勝notes

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »